読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もんログ

美味しいものが好きなんだ

【ぎゅうぎゅう焼き】カンタン美味しいぎゅうぎゅう焼き。絶対入れてほしい激ウマおすすめ具材ベスト5を紹介します

ぎゅうぎゅう焼きってご存じ?

f:id:supermonta:20160802172542j:plain

ぎゅうぎゅう・・・・?ニャニソレ

 

『ぎゅうぎゅう焼き』とは

翻訳家・村井理子さんがSNSにアップしたことから注目された料理で、

バットなどに野菜、肉などをぎゅうぎゅうに詰めてオーブンで焼くというもの。

味付けは塩胡椒、オリーブオイルに香草と実にシンプル。

 

村井さんちのぎゅうぎゅう焼き おいしい簡単オーブン料理 (シュシュアリスブックス)

本もでているでござる 気になる

 

SNSでも美味しそうなぎゅうぎゅう焼きがいっぱい!

 

 

ぎゅうぎゅう焼きの作り方

f:id:supermonta:20160802174151j:plain

  1. 野菜や肉を一口大ぐらいに切る
  2. じゃがいも、にんじん、ごぼうなどは下ゆでする(あとから加熱するので完全に火が通らなくていいです)
  3. オーブンを150℃に余熱しておく
  4. バットや耐熱皿にオーブンシートを敷き、具材を並べていく
  5. 何層にも重ねる場合は、都度都度塩コショウをふって上に重ねていくと味がしっかりつきます
  6. あれば香草ものせて バジルとかローズマリーとか。(なくても美味しいです)
  7. オリーブオイルをドバー(思いっきりいきましょう。ボトルを逆さに持つぐらいの勢いで)
  8. 焼きを入れる(150℃で30分~ 様子を見てその後180℃で10分ほど
  9. お好みで粒マスタードなどをつけていただきます。
  10. ンマーイ!!!

 

長くなったけども、要は切って焼く。下茹でがめんどくさければレンチンするという手もありまっせ。

 

作ってみた

いろいろと調べていたら食べたくなったので作ってみました。そしてハマりました。最近はエブリデイぎゅうぎゅう。

 

f:id:supermonta:20160802174838j:plain

ジャガイモ・キャベツ・にんじん・えのき・ウインナ・にんにく

 

f:id:supermonta:20160802174913j:plain

じゃがいも・ピーマン・にんじん・ウインナ・えのき・ごぼう

 

 

f:id:supermonta:20160802175237j:plain

とうもろこし・ピーマン・鷹の爪・ウインナ・にんにく・下にキャベツ

 

使っている容器

ほかにおかずが少ないときは、野田琺瑯レクタングル浅型L。

30代半ばの夫婦二人がたっぷり食べられる量が入ります(人によるだろ)

野田琺瑯 レクタングル浅型L ホワイトシリーズ WRA-L

 

そんな量いらんわってときは100均の小ぶりのバット。

詰めたときはパンパンでも、焼くとかさが減るので意外とペロリといけるんじゃないかと。

 

 

 

入れて美味しかったおすすめ具材ランキング

(2016年8月現在)※まだ試してない具材が山ほどあるので変動する予定

 

5位・・・にんにく

粒にばらして、皮ごと焼きます。ホクホクトロリと焼けていて、にんにく好きにはたまらん美味しさ。なにより焼いているときの香りがぐんとよくなります。

 

4位・・・えのき

油をたっぷり吸いこむキノコが美味くないわけがありません。焼くとカサが減るので、ちょっと多めかなと思ってもGOです。

 

3位・・・ウインナー

肉はなくてもいいんですが、何か一品いれておくとまわりの野菜にも味が移ってコクが出ますし、カリっと焼けてて酒のつまみにもぴったりであります。

 

2位・・・にんじん

これが一番意外なうまさ!!にんじんはとくに大好きってわけでもないんですが、ぎゅうぎゅう焼きに入れたらめちゃめちゃ好み。じっくり焼くからかにんじん独特のクセみたいなものがなく、いい具合にホクホク香ばしくて、貪り食べました。うんめえ、うめえよお。にんじんうめえよお。

 

★★★1位・・・じゃがいも★★★

間違いのない完璧な味。ホクホクやわらかなじゃがいもにオリーブオイルが染み染みで、ホロリと口の中でとろけます。これに塩とこしょうがあれば、言うことなんてない。

っていうか私がじゃがいもが好きなだけ?

でもじゃがいもラバーには爆裂おすすめです。絶対入れて。

 

夏こそおすすめ

f:id:supermonta:20160802181603j:plain

味がギュっと濃い夏野菜がたくさん出ている今の時期にこそ作ってみてほしいです。野菜たっぷり食べて、体力ムンムンにしてこの猛暑を乗り切っていきましょう!

 

お読みいただきありがとうございました。